ゆとり世代が考えるマネジメント

ゆとり世代のサラリーマンが世代間ギャップや新しい時代のマネジメントを考える

「若手を褒める」取り組みにこだわるより、一人の対等なビジネスマンとして接する

マネジメント理論の中で、「褒める」「叱る」のどちらがいいかという議論はよくある。最近の世の中的には、ゆとり世代は「褒めて伸ばそう」という考え方が主流らしい。叱られるのが苦手なThe ゆとり世代の僕としては、この風潮はありがたい。

 

だが、「若手を褒める」ことが目的になってしまう取り組みには違和感を感じる。若手であってもビジネスマンである以上、手を抜いている場合は叱るべきだし、成果を出したら若手であろうとベテランであろうと褒めるべきだと考える。

 

重要なのは、年齢によって対応を区別せず、ひとりのビジネスマンとして接することだ。年下の意見であっても、それが間違っていたらきちんと指摘し議論するべきだ。逆に、素晴らしい意見なら若手の意見でも採用するべきだ。若手は仕事で褒められたからモチベーションを上げるのではなく、「仕事が認められる」⇒「ビジネスマンとして対等に接してくれたと感じる」から、モチベーションを上げるのだ

 

人間は甘い生き物だから、手放しで褒めてもらえる人のところにいるとサボり癖がつく。これは僕もそうだし、若手でもベテランでもそうだと思う。が、その精神が組織に浸透してしまうと、誰もが自分にとって都合のいい人のもとで自分に都合のいい仕事しかしなくなり、組織が崩壊していく。そういう意味でも、若手=褒めるのではなく、若手でもベテランでも𠮟るべき時は𠮟り、褒めるべき時は褒めるのが本当のマネジメントである。