ゆとり世代が考えるマネジメント

ゆとり世代のサラリーマンが世代間ギャップや新しい時代のマネジメントを考える

悩む人の共通点は「○○すべき」にとらわれてしまうこと

うつ病が社会問題になっている。数年前までは「気持ちの問題」という根性論を見かけることも珍しくなかったけれど、今は理解が進んできたようだ。僕自身、ストレスで眠れなくなるという時期が2年くらいあった(しかも華の大学時代に)。社会人になってからは、同じような苦しみを感じている方の相談にのる事が多くなった。そんな中で気づいたのだが、そうやって悩んでしまう方にはある共通点がある

 

それは、「○○するべき」ばかり考えて「○○したい」という気持ちをなおざりにしていることだ。悩みの内容は人それぞれだが、このことは100%全員に共通していた。他ならぬ自分も、大学のサークル時代にリーダー職についた時「リーダーとしてどうするべきか」ばかり考えて、病んでしまった覚えがある。

 

恐ろしいのは、この状態に自分では気づけないことだ。僕の場合は、「お前はどうしたいんだ?」という友人の問いかけを受けた時にパッと答えることができなかった。その時初めて、「自分がどうしたいか」という気持ちを忘れてしまっていたことに気づいた。

 

特にビジネスの現場では、2つの選択肢で悩むことが山ほどある。そして、悩んでしまう選択肢はぶっちゃけ「どっちも正解」であることがほとんどだ。ゆとり世代や若手は真面目な人が多いから、そんな時に「どうすべきか」を延々と考えてしまうのだ。

 

そんな僕たちゆとり世代の悩みを救うのは、ベテランの「じゃあお前はどうしたい?」という問いかけだ。別に感情で選択を決めろというわけではないが、「自分がこうしたい」という意思を持ったうえで選んだ選択は、仮に失敗しても後悔しないのだ。僕の経験上、「こうすべき」だけで道を選んだ場合、道中では「あっちの道を選ぶべきだったかも」と悩み、ゴールにたどり着いても、「あっちの道ならもっといい結果が出たのではないか」と悩む。

 

先述のように今はこの問題に対する理解が浸透してきたから、マネジメント層の管理能力がより問われるようになってきている。それで悩む方も多く見てきたが、「自分の部下が”こうするべき”にとらわれていないか」「”こうしたい”という意思をなおざりにしていないか」を注意することが、一つの対策になると思う。